​お勧めBooks & Goods

栄養学の勉強法をよく問われます。
​良書はたくさんありますが、何と言っても分子栄養学の入門書として、これ以上のものは未だに出会えていません。

まさに目から鱗が100枚くらい落ちる内容。

栄養学の入門編に最適です。​高橋のセミナーもこの内容がベースになっています。

大阪で開催している栄養学セミナー(Empowerment Health )の基本は、
1)意識する
2)高タンパク脂質食

3)糖質量コントロール

4)抗酸化

5)腸と血液

6)時代にあった健康法

7)エネルギーを立ち上げよ

ですが、この糖質量コントロールにかかせない1冊です。

​糖質制限の第一人者、江部先生のご著書です。

20201年4月29日のメルマガでご紹介したシリカ水です

シリカ水は宮崎県霧島の水が一番含有量が豊富だと思いますが、いろんなメーカーが製品を販売しています。値段も倍以上違います。しかし、実は取水口は全部同じなのです。私はそれを確かめるために、昨年宮崎県のその会社を訪問し話を聞いてきました。

安心して推奨できるお水です。ちなみに、この水のシリカは水溶性珪素です。

 

1リットルあたりシリカ69mgなので、珪素に換算すると32.22mgになります。

1日辺りの珪素必要量は10~40mgなので、500mlのペットボトル入りなので、1本あたり16.11mgとなります。ゆえに1日1〜2本摂取すれば良いと思います。
 
 
​←画像をクリックでアマゾンに飛びます。


MCT=ミデアム(中)・チェーン(鎖)・トリグリセライド(脂肪酸)。
ご存知の通り、ココナッツから抽出されます。ちなみに、ココナッツオイル自体は、MCTも含んでいますが、その他の油も含んでいるので、純粋なMCTではありません。

 長い油は、体内でエネルギーに変換されるのに寄り道が多く時間がかかりますが、中鎖は即エネルギーに変換される特徴があります。
 糖質制限を始めたての頃は、今までたっぷり食べていた糖質が減り、またまだ油(ケトン)をしっかり使うことにも身体が慣れていないので、エネルギー不足になってフラフラしたりします。
 この段階で、自分は低血糖になったとか、糖質制限は合わない〜と勘違いする人が出てきます。そういう状態の時のお助けマンがMCTですね。